お年寄りだけではない家族の支えにもなれる仕事

現在は介護の仕事から離れていますが、介護士として施設で働いていた事があります。
この仕事のやりがいと言えば、誰かの役に立てている実感、感謝の気持ちを送られた時などが勿論ですが、他にも色々あるのです。

 

どなたでもご存じの通り、お年寄り相手の仕事で同年代の方達とバリバリ働くとは少し違う。
病気や認知症を患っている方々が上手く言葉が通じずこちらも、ん?と聞き返してしまう時も多々ありますが、それでも同じ人間として誰かと会話をしたい、言葉を共有したいという気持ちが充分伝わってきます。
その姿を見て、心打たれる瞬間も。
そのお年寄の方々にこれからどう接していくか、もっとこっちがこういう言い方をすれば相手にも伝わりやすいのではないか、等スタッフと話し合ったり、考えたりする事は私にとって一種のやりがいでした。

 

利用者だけではなく、そのご家族の方々が自分たちの都合で施設に預けてしまった、本当は自分の親なのに。
と後ろ髪引かれる想いで施設へ足を運ぶ家族の姿もよく見ます。
しかし、そういう方々の為にこういった施設があるのだから、預かった以上はきちんと責任を持ってお世話をします。
また施設での暮らしを見て、家で見たこともない自分の親の笑顔、笑う姿を見て安心して帰られるご家族も沢山いらっしゃいます。

 

離れていても家族、という事には変わりはないので家族が安心出来る空間をもっと増やしたい、と自然に感じるようになります。
大変な事もあるけど、日々心穏やかな気持ちになれるのも介護職の魅力だと思っています。

 

そして個人的な意見ですが、結構力がいる体力仕事でもあるのである意味良い運動です。
お陰様で日常の買い物で重い物も持てるようになりましたね。